異業種交流会を見分けるポイント|町リンク/東京都町田市の異業種交流会&経営者・ビジネス交流会。独立支援・起業支援。神奈川/横浜・相模原・本厚木からも多数参加

東京町田市異業種交流会&独立・起業支援
参加申込みは、こちら
東京町田市異業種交流会

異業種交流会を見分けるポイント

交流会の本質(趣旨)を見抜くことは参加者から見れば重要な事です。

参加後、 他の参加者を見回して少し場違いかなと思っても、運営基準がしっかりしていて 企画されているテーマや講師などが素晴らしいものであれば 複数回、参加して様子を見てはどうでしょうか。
最初は見えなかったものが、見える場合もあります。
といっても多種多様の交流会を体験するのは時間的にも金銭的にも大変なことです。
事前に自分に合った交流会を見つける為にはある程度予備知識が欲しいものです。

ここで優良・不良を見分ける目安を説明いたします。

●会費は適正か?
高い会議室を借りているわけでも、特に良い講師が来ているわけでもないのに 3000円以上の会費がかかる場合はご注意。

単なるメンバーの集まりで高額な会費なら、どうしてなのか疑問です。
集客方法が印刷(広告)主体、ハガキ案内などの交流会は 運営経費がかかりすぎてきっと高い会費が必要かも知れません。

逆に参加費無料というのも要注意。
市町村関連の公共機関の主催であれば問題ありませんが、一定の団体では何か裏があるかもしれません。

●歴史があるかどうか?
歴史が古ければ良いと言うものでは決してありませんが、長く続いているのはそれなりの良い理由があるはず。
見極めるポイントにもなります。

『交流会』初心者の方は、友達からの紹介や知人が主催している交流会なら安心ですが、出来たばかりの交流会に参加するのは避けた方が良いかもしれません。

●ホームページは隅々まで見ましょう。
最近では交流会のホームページを開設している所が多いはずです。
ホームページ技術の良し悪しではありません。
見極めポイントは、主催者の顔写真やプロフィール・住所、電話番号が記載されているかどうかです。
またしっかりと参加費用・入会金等が明記されているかどうか。
余りにも入会金が高く、会員条件が厳しいものは考えものです。
しかし、設立主旨などをよく読んで常識範囲のことであるならば問題はありません。
過去の開催内容が書かれている、趣旨・目的が明記されているかなどです。
また、申込時に氏名、職種、メールアドレスを聞かれる場合があります。
その資料を基に交流会で参加者名簿を配る場合があります。
初参加者の方は不安な気がするものですが、個人情報(電話番号、住所、メールアドレス等)が記載されてなく、氏名、職種程度の名簿ならばさほど心配はいりません。
主催者はどのような方が参加されているか、参加メンバー全員に教えるために配っています。

●ここは本当に安心できる『交流会』か?
ここで一番に注意したいのは『偽者交流会』です。
○○交流会と称しているいるものの、実は特定の宗教やネットワークビジネスに入会させる為の偽者交流会。
また交流会(主催者)自体は安心できる交流会でも
『参加者の中に勧誘行為を目的にする者が侵入』する場合があります。
ネットワークビジネスの方はその場では自分の仕事(業種)の事を詳しく話しません。
その後に個人的に連絡をとります。
交流会後、早速電話がかかってきて、『今度会いましょう』
とくれば疑ってかかりましょう。

●交流会の先入観は必要か?
結論としては『何事も最初から疑え!』
事前に下調べをすることは自己防衛の為に必要な対処法です。

●まとめ
色々な事を述べてきましたが、 これの全てが正しいとは限りません。 結局は自分自身の判断(自己責任)です。
初参加の方は友人・知人の紹介で最初は一緒に行くことが一番良いのかもしれません。
ただ、自分に合ったよい『交流会』を見つけ出すことは 人生最大の転機となることは間違いありません。
怖がらず、恐れず、慌てず自分に合ったよい『交流会』を見つけて下さい。